【動画】マッサージ店と言うよりはちょんの間のようなお店の様子

タイマッサージ店・・・いや、単に置屋なのだろうか。

もしかしたらマッサージはあってそこはカットされているのかもしれないが、動画を見る限りでは部屋の様子含め、ちょんの間等に近いお店のようである。

今では絶滅してしまっているが、2000年前後には関東にもちょんの間が数箇所あった。私も一度だけ黄金町のちょんの間には行った事がある。その他にも黄金町に比べると小規模だが川崎や町田等にもあったようだ。

黄金町のちょんの間は凄い光景だった、妖しいピンクの明りがついた飾り窓が京急本線のガードレール下及びその周辺に数十件並んでおり、それら1つ1つに女性が居た。

中国の方、韓国の方、コロンビア辺りだろうか?の方、数は少ないが日本人、と人種も様々。中には飾り窓の中から手を振るだけでなく身体を摺り寄せて直接交渉してくる方もいらっしゃった。

一人で行ってたら私は是非とも南米系の方に入りたかったのだが、当時の私にはそんな妖しい場所に一人で行くような勇気も習慣も無く、黄金町を訪れたのも当時バイトしていた飲食店の店長に誘われて連れて行かれたのだ。お陰で店長好みの女性に私も一緒に入るハメになってしまった。

ただ、店長が2人で入るからと交渉をし、通常ちょんの間は1回1万円と言う金額だったのだが、それを2人で16000円とディスカウント価格にしてくれたのは当時の私の懐には有り難くはあった。

もう一度行きたいと思っていたのだが前述の通りにちょんの間どころか普通の風俗も行く習慣が無かった私には一人で行く勇気は無く、結局行かずじまいのまま黄金町は壊滅してしまった。もっともあれだけ駅の近くで派手にやっていればいつかは無くなるのは当たり前なのだろう。

黄金町駅前にはちょんの間の他にも有名なニュージンジンと言うピンサロがあった、私は行った事が無いのだが通っていた知人曰く「日本一サービスが良くて日本一男性店員の態度が悪い」そんなお店だったそうだ。

聞いた話だがニュージンジンは基本料金が1万円とピンサロにしては高めである、ただ基本が4回転(A→B→C→A)で女の子は来るなりシックスナインの体勢になりピンサロにありがちな冒頭の世間話タイムも無く即プレイがはじまるとの事である。

そしてシックスナインの体勢になったら客も女性の股間を舐めないといけない、舐めていないと店内マイクで「お前何しに来てんだ!」と怒られるなんて話も聞いた、そんな恐ろしいお店だがシステム的にサービス地雷は皆無なのが人気の秘密だったのだろう。

駅前だと言うのに時には行列が出来ていたらしい、ある意味一昔前に流行った頑固親父がやっているラーメン屋のような職人気質な態度も逆に良かったのかもしれない。ただしここも駅前で派手にやりすぎてしまったのが原因なのか大分前に摘発されて閉店してしまった。

この動画を見ていたらそんな黄金町の事を色々と思い出したのである。

 

サウナレディのお仕事 男性器口内洗浄&膣内洗浄スペシャル

IMAGEEYES様にて期間限定で無料公開されている動画である、サウナレディーが男性客に生中出しまでさせている、当ブログではマッサージ系AVは基本的には取り扱わない予定なので逆にこちらのサイト等でご覧頂ければと思う。

動画へのリンク

 


PAGE TOP
アクセスランキング